コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハムシダマシ ハムシダマシ Lagriidae

2件 の用語解説(ハムシダマシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハムシダマシ
ハムシダマシ
Lagriidae

甲虫目ハムシダマシ科の昆虫の総称。中型ないし小型の甲虫で,おおむね前体部は狭く,後体部は幅広くてふくらんでいる。ハムシに似るが,むしろゴミムシダマシ科に近い。幼虫は朽ち木上にすみ,成虫はアオハムシダマシ Arthromacra viridissimaのように山地の花や葉にいるもの,ヒゲブトハムシダマシ Luprops orientalisのように枯れ枝や石の下にいるものなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハムシダマシ
はむしだまし / 偽金花虫・偽葉虫
[学]Lagria vervex

昆虫綱甲虫目ハムシダマシ科に属する昆虫。日本各地および朝鮮半島、中国、樺太(からふと)(サハリン)、シベリア東部に分布する。体長7、8ミリ。黒色で上ばねは黄褐色、体表には毛が多い。細形で後体部はやや広がり、雄は目が大きく、触角の末節がほかの10節の和と同長。夏季に山地の樹葉上に普通にみられる。
 ハムシダマシ科Lagriidaeは、おもに中形の甲虫でゴミムシダマシ科に近縁の群で、世界におよそ700種が分布し、日本産は約20種知られている。体は長いものが多く、前体部は細まり、後体部は後方へ広がるか、両側が平行する。成虫はヒゲブトゴミムシダマシのように枯れ枝にいるものを除き、アオハムシダマシなどのように山地の花や葉上にみられ、幼虫は普通朽ち木の皮下などで生活する。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハムシダマシの関連キーワード蟻塚虫牙虫猿葉虫埋葬虫偽瓢虫豆象虫木回塵芥虫葉虫ハムシ(葉虫)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone