コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルトレーベン Hartleben, Otto Erich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルトレーベン
Hartleben, Otto Erich

[生]1864.6.3. クラウスタール
[没]1905.2.11. サロ
ドイツの劇作家詩人。ベルリン大学で法律を学び,司法官となったが,文学に転じた。自然主義の詩人として出発したが,その本質はボヘミアン的な資質にあり,シュニッツラーらとともにむしろ印象主義に近い。悲劇『熱狂のカーニバル』 Rosenmontag (1900) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルトレーベン
はるとれーべん
Otto von Hartleben
(1864―1905)

ドイツの劇作家。クラウスタール生まれ。詩集『学生の日記』(1886)、『わたしの歌』(1895)、『熟した果実』(1905)では快い生の喜び、優美な風刺が特徴的であるが、『アンゲルス・ジレージウス選集』(1896)を出して以降は瞑想(めいそう)的な気分に傾いている。彼の文学の特徴である風刺のきいたユーモアがもっともよく表れているのは短編小説『引きちぎられたボタンの物語』(1893)、『客をもてなす司祭』(1895)などである。そのほか『ハンナ・ヤーゲルト』(1893)、『謝肉祭の月曜日』(1900)などの社会悲劇もある。[佐藤自郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハルトレーベンの関連キーワードピエロ・リュネール6月3日

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android