コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルトレーベン ハルトレーベン Hartleben, Otto Erich

2件 の用語解説(ハルトレーベンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルトレーベン
ハルトレーベン
Hartleben, Otto Erich

[生]1864.6.3. クラウスタール
[没]1905.2.11. サロ
ドイツの劇作家,詩人。ベルリン大学で法律を学び,司法官となったが,文学に転じた。自然主義の詩人として出発したが,その本質はボヘミアン的な資質にあり,シュニッツラーらとともにむしろ印象主義に近い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルトレーベン
はるとれーべん
Otto von Hartleben
(1864―1905)

ドイツの劇作家。クラウスタール生まれ。詩集『学生の日記』(1886)、『わたしの歌』(1895)、『熟した果実』(1905)では快い生の喜び、優美な風刺が特徴的であるが、『アンゲルス・ジレージウス選集』(1896)を出して以降は瞑想(めいそう)的な気分に傾いている。彼の文学の特徴である風刺のきいたユーモアがもっともよく表れているのは短編小説『引きちぎられたボタンの物語』(1893)、『客をもてなす司祭』(1895)などである。そのほか『ハンナ・ヤーゲルト』(1893)、『謝肉祭の月曜日』(1900)などの社会悲劇もある。[佐藤自郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハルトレーベンの関連キーワードクラウチングスタートクラウチングスタイルスタンディングスタートラウタールキリンブラウマイスタークラウスターラークラウンマジェスタメビウス・スタイルプラス・6この私、クラウディウスはしれクラウス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone