ハロクロミー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハロクロミー
はろくろみー
halochromy

無色または淡黄色の有機化合物に、濃い酸あるいは金属塩を加えたとき生ずる発色現象。造塩発色ともいう。歴史的には、ドイツのJ・バイヤーがトリフェニルカルビノール(C6H5)3C・OHやそのアルデヒド、ケトンなどに濃硫酸を加えると発色することを発見し、これは、トリフェニルカルビノールの中心炭素原子が硫酸塩と弱く結合するためであると考えてハロクロミー(ギリシア語で「色」を意味するhalsと「塩」を意味するchromosから造語)と名づけた。今日では、ケトンやアルデヒドのカルボニル基が、酸や金属塩と分子間化合物を生成するための発色と考えられている。[下沢 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハロクロミーの言及

【造塩発色】より

…成塩発色,ハロクロミーともいう。J.F.W.A.vonバイヤーらの研究による造語。…

※「ハロクロミー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android