コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混成軌道 こんせいきどうhybrid orbital

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混成軌道
こんせいきどう
hybrid orbital

原子の基底状態の原子軌道線形結合して表わしたもの。たとえば,炭素原子の電子配置は (2s)2(2p)2 であり,各軌道は同等でないからメタンの正四面体構造を説明できない。そこで各原子価電子の軌道を s+p+p+p のように線形に重ね合せて4個の同等な軌道に再配分する。これが sp3 混成軌道である。混成軌道にはこのほか方向が直線状の sp 混成,三角形平面状の sp2 混成,八面体状の sp3d2 混成などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんせいきどう【混成軌道 hybridized orbital】

共有結合は二つの原子の価電子の軌道どうしの重なり合いによって形成される。この際に,孤立原子の場合の価電子の軌道そのままに保つ必要は必ずしもなく,原子間の化学結合の形成に有利なように価電子の軌道が再構成されることがある。代表的な例としてメタンCH4における炭素原子と水素原子の間の共有結合をとりあげてみよう。自由な炭素原子の価電子は2s軌道に2個,2p軌道に2個はいって,(2s)2(2p)2と表される電子配置になっているが,原子価が4価になるには(2s)1(2p)3の電子配置をとらねばならない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の混成軌道の言及

【化学結合】より

…とくに有機化合物は主としてC,H,N,Oで構成されるので簡単なメタンCH4から複雑なタンパク質に至るまで,またベンゼン,ナフタレンなどの芳香族化合物をはじめとしてほとんどすべての有機化合物が共有結合でできている。これらの共有結合を考えるうえで重要なことは,混成軌道という概念である。炭素原子を例にとると,その最外殻電子の配置は(2s)2(2p)2でs軌道は球状,3個のp軌道は直交三軸の方向に亜鈴形に伸びている(図2参照)。…

※「混成軌道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

混成軌道の関連キーワードスレーター‐ポーリング法ホウ素化学(硼素化学)有機ケイ素化合物複素環式化合物正四面体構造アダマンタン脂肪族化合物ポーリング有機半導体三重結合二重結合π結合原子価結合角

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android