コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンギョレ

デジタル大辞泉の解説

ハンギョレ

《〈朝鮮語〉。一つの民族の意》大韓民国の朝刊新聞の一。漢字を使わず、全ての記事がハングルのみで表記されている。1987年、ハンギョレ新聞として創刊し96年に現名称に改称。左派的な論調が特徴的。発行部数は約26万部(2013年)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハンギョレ

韓国の全国紙。1987年創刊。軍事政権時代に民主化運動に参加して職を追われた新聞記者を中心に発足,市民株主によって刊行される。保守的傾向の強い韓国新聞界で,批判的ジャーナリズムを求める,左派リベラル知識人の結集点となり,金大中盧武鉉政権下で影響力を拡大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ハンギョレの関連キーワードアン ジョンスク韓 勝憲洪 世和孔 枝泳朴 元淳朝鮮日報金 薫

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハンギョレの関連情報