全国紙(読み)ぜんこくし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全国紙
ぜんこくし

日本全国にわたって普及している日刊新聞のこと。普通は,『朝日新聞』『毎日新聞』『読売新聞』の三大紙に,『日本経済新聞』と『産経新聞』を加えた5紙をいう。この5紙だけで,日本の新聞の全発行部数の半分以上を占める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜんこく‐し【全国紙】

〘名〙 国内全地域の住民を対象に編集、発行される新聞。中央紙ともいう。⇔地方紙
※新聞(1950)〈毎日新聞図書編集部編〉一「毎日、朝日など全国紙の本社では」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の全国紙の言及

【商業新聞】より

… 欧米の商業新聞では,イギリスのクオリティ・ペーパー(高級紙)と大衆紙のように,新聞としての性格や記事,内容はもちろん,その購読者層までも明確に分別されていることが多く,アメリカでもフランスでも商業新聞の大部分は,政党からの財政も含めて独立independentの立場をとりながらも,明確な政治的立場を掲げている。それに対して日本の商業新聞の読者はあらゆる階層,職種に広がって,ことに全国紙は世界の日刊紙中屈指の巨大部数をもっており,また政治的には〈不偏不党〉をうたい,独自の政治的立場をもたず,左右両翼の中点に立つことが多いという特徴がある。このことは,日本の言論統制史上の経過や,資本主義形成期に政治的〈無色〉情報を求める商工読者の増加,日本人の伝統的中庸性などさまざまな要因が考えられる。…

※「全国紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全国紙の関連情報