ハングアップ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ハングアップ

システムエラーが発生し、コンピューターが動かなくなること。キーボードやマウスからの入力をいっさい受け付けなくなる。画面は何らかの表示がされたまま、まったく動かないので、「固まった」「フリーズした」「ハングした」などといわれる。プログラムのバグや周辺装置の設定ミス、CPUの熱暴走などの原因が考えられる。Windowsの場合は、アプリケーションがハングアップした場合、ウィンドウのタイトルバーに「(応答なし)」と表示される。このような場合は、起動しているアプリケーションを強制終了する。WindowsではCtrlCtrl]+[ShiftCtrl]+[Shift]+[EscCtrl]+[Shift]+[Esc]キー、Macでは[commandCtrl]+[Shift]+[Esc]キー、Macでは[command]+[optionCtrl]+[Shift]+[Esc]キー、Macでは[command]+[option]+[esc

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハング‐アップ(hang up)

[名](スル)コンピューターが、暴走などにより入力をいっさい受けつけず、作動も機能もしなくなること。またはその状態。「フリーズ(する)」、「凍る」、「固まる」も同義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ハングアップ【hang up】

( 名 ) スル
コンピューターなどが、操作不能な状態で異常停止すること。ロック-アップ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android