ハンス・フリードリッヒ ガイテル(英語表記)Hans Fredrich Geitel

20世紀西洋人名事典の解説

ハンス・フリードリッヒ ガイテル
Hans Fredrich Geitel


1855.7.16 - 1923.8.15
ドイツの物理学者。
元・ブルンスウィック工業大学教授。
ブルンスウィック生まれ。
ハイデルベルク、ベルリン大学で学び、1880年よりウォルフェンビッテルの中学校で教鞭をとる。同中学教師となった大学時代の友人であるエルターと協力して光電池、光度計、テスラ変圧器を発明し、’84年〜1920年までにまとめたの論文の数は150編にも上った。この間、’99年にゲッティンゲン大学、1915年にはブランズウィック大学より学位を得、’20年ブランズウィック大学名誉教授となり、ヴォルフェンビュッテルにおいて死去。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android