ハンス・フリードリッヒ ガイテル(英語表記)Hans Fredrich Geitel

20世紀西洋人名事典の解説

ハンス・フリードリッヒ ガイテル
Hans Fredrich Geitel


1855.7.16 - 1923.8.15
ドイツの物理学者。
元・ブルンスウィック工業大学教授。
ブルンスウィック生まれ。
ハイデルベルク、ベルリン大学で学び、1880年よりウォルフェンビッテルの中学校で教鞭をとる。同中学教師となった大学時代の友人であるエルターと協力して光電池、光度計、テスラ変圧器を発明し、’84年〜1920年までにまとめたの論文の数は150編にも上った。この間、’99年にゲッティンゲン大学、1915年にはブランズウィック大学より学位を得、’20年ブランズウィック大学名誉教授となり、ヴォルフェンビュッテルにおいて死去。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android