コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハントゥイマンシ自治管区 ハントゥイマンシKhanty-Mansi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハントゥイマンシ〔自治管区〕
ハントゥイマンシ
Khanty-Mansi

1977年までハントゥイマンシ民族管区。ロシア中部,西シベリア,チュメン州に属する自治管区。同州北部を占める。行政中心地ハントゥイマンシースク。西シベリア低地中部にあり,全域がオビ川とその支流イルトゥイシ川の流域に属する。西はウラル山脈の稜線に限られる。タイガ地帯に入り,湿地帯が多い。大陸性気候で,平均気温は 12月-23~-18℃,7月 16~19℃。年降水量 400~550mm。ウラル語族のウゴル語派に属する言語をもつハントゥイ人とマンシ人の居住区として 30年設立されたが,住民に占める割合は両民族合せて 10%以下で,4分の3以上がロシア人である。主要産業はトナカイや毛皮獣の飼育,狩猟,漁業であったが,チュメン油田の開発により,オビ川沿岸のスルグート,メギオン,ウスチバルイクなどに大石油産地が形成された。水産加工,木材加工などの工業もある。交通はチュメンと結ばれた鉄道のほか,オビ川,イルトゥイシ川の水運と空路による。面積 52万 3100km2。人口 131万 4200 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハントゥイマンシ自治管区の関連キーワードニジネバルトフスクハンティ族北ソシバ川カズイム川ハンティ語コンダ川マンシ族バフ川

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android