コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンリー ハンリー Hanley, James

1件 の用語解説(ハンリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンリー
ハンリー
Hanley, James

[生]1901. ダブリン
[没]1985.11.11. ロンドン
アイルランド生れのイギリスの小説家。小学校を出たのみで船員となり,のちに作家に転じた。作品の半分は海を舞台にしており,戦争のもたらす悲惨を主題としたものが多い。『うつろな海』 Hollow Sea (1938) ,『閉ざされた港』 The Closed Harbour (52) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハンリーの言及

【潜水艦】より


[歴史]
 潜水艦の発想は古くよりあったが,実戦で最初に使用されたのはアメリカ独立戦争中のことで,アメリカ軍は人力推進・1人乗りの〈タートルTurtle〉を使用,イギリス艦の艦底に時限爆薬をとりつけようとして失敗に終わっている。その後,アメリカ南北戦争において南軍の人力推進の〈ハンリーHunley〉は艦首より出した棒に火薬をつけ,北軍の軍艦に体当りし,これを撃沈したが,自らも沈没した。潜水艦が軍事的に実用化されるのは,空気を必要とせず水中で使用可能な動力源である電池‐電動機の技術が確立し,魚雷が実用化される19世紀末~20世紀初頭である。…

※「ハンリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハンリーの関連キーワードダブりWW2WW1ダブリン城ダブリン会議ザ・デッド/「ダブリン市民」よりダブリナーズONCE/ダブリンの街角でダブる/ダブりダブリュイ,M.A.N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンリーの関連情報