コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーグ・ヨーロッパ会議 ハーグ・ヨーロッパかいぎHague Congress of Europe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーグ・ヨーロッパ会議
ハーグ・ヨーロッパかいぎ
Hague Congress of Europe

1948年5月オランダのハーグで開かれたヨーロッパ統合主義者の会議。イギリスの W.チャーチル首相を議長として,ヨーロッパの 15ヵ国,アメリカおよびカナダなどの諸国から著名な政治家,国会議員,民間人などが参加。「ヨーロッパ諸国は安全保障,経済的独立,社会的進歩を確保するために,経済的・政治的連合をつくらなければならない」という決議文を採択し,(1) ヨーロッパ議会 European Assemblyおよびヨーロッパ裁判所の創設,(2) 通商および金融上の障壁を撤廃したヨーロッパ経済同盟の実現,(3) ヨーロッパ復興会議の設置などの構想が表明された。 49年8月,この構想を組入れたヨーロッパ審議会 Council of Europeが成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハーグ・ヨーロッパ会議の関連キーワードヨーロッパ統合運動

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android