コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーグ・ヨーロッパ会議 ハーグ・ヨーロッパかいぎHague Congress of Europe

1件 の用語解説(ハーグ・ヨーロッパ会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーグ・ヨーロッパ会議
ハーグ・ヨーロッパかいぎ
Hague Congress of Europe

1948年5月オランダハーグ開かれたヨーロッパ統合主義者の会議。イギリスの W.チャーチル首相を議長として,ヨーロッパの 15ヵ国,アメリカおよびカナダなどの諸国から著名な政治家,国会議員,民間人などが参加。「ヨーロッパ諸国は安全保障,経済的独立,社会的進歩を確保するために,経済的・政治的連合をつくらなければならない」という決議文を採択し,(1) ヨーロッパ議会 European Assemblyおよびヨーロッパ裁判所の創設,(2) 通商および金融上の障壁を撤廃したヨーロッパ経済同盟の実現,(3) ヨーロッパ復興会議の設置などの構想が表明された。 49年8月,この構想を組入れたヨーロッパ審議会 Council of Europeが成立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハーグ・ヨーロッパ会議の関連キーワード北朝鮮戦争文学イタリア映画韓国済州島事件中東戦争B型肝炎訴訟と基本合意ベネシュオリンピックゲオルギウ・デジ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone