コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーバートソン Andrew John Herbertson

1件 の用語解説(ハーバートソンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハーバートソン【Andrew John Herbertson】

1865‐1915
イギリス地理学者。ガラシールズに生まれ,オックスフォード大学を卒業後,ドイツフライブルク大学で学位を得,フランスでも学んだ。1891年,P.ゲッデスの下で助手となり,99年にはオックスフォード大学に移り,1910年,H.J.マッキンダーの後を継いで教授となった。初期には気候学や海洋学に関する業績が多くあり,その代表作は《降水の分布》(1901)である。1904年には地質構造,地形,気候に基づく世界の自然地域区分について講演を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハーバートソンの言及

【地域】より

…その後W.ケッペンは,この方式に改良を加え,植生図との対応関係を重視して,利用価値の広い世界の気候区分を達成したのである。このほか,20世紀に入ると,ハーバートソンA.J.Herbertsonによる世界の自然的地域区分図(1905)をはじめとして,アンステッドJ.F.Unsteadの地理学的地域区分の提唱(1916),30年代にはD.S.ホイットルセーによる世界の農業区分図(1936),イェーガーF.Jaegerによる世界の人文地理学的区分図(1934)などが相前後して提示された。これらはいずれも同質的見方による地域システムであった。…

【地域】より

…その後W.ケッペンは,この方式に改良を加え,植生図との対応関係を重視して,利用価値の広い世界の気候区分を達成したのである。このほか,20世紀に入ると,ハーバートソンA.J.Herbertsonによる世界の自然的地域区分図(1905)をはじめとして,アンステッドJ.F.Unsteadの地理学的地域区分の提唱(1916),30年代にはD.S.ホイットルセーによる世界の農業区分図(1936),イェーガーF.Jaegerによる世界の人文地理学的区分図(1934)などが相前後して提示された。これらはいずれも同質的見方による地域システムであった。…

※「ハーバートソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ハーバートソンの関連キーワード高校野球伊藤惣兵衛ウィンチェスター海津幸一加藤徳成スターリング武市瑞山建部武彦月形洗蔵中川宇右衛門

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone