コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーバートソン Andrew John Herbertson

1件 の用語解説(ハーバートソンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハーバートソン【Andrew John Herbertson】

1865‐1915
イギリス地理学者。ガラシールズに生まれ,オックスフォード大学を卒業後,ドイツフライブルク大学で学位を得,フランスでも学んだ。1891年,P.ゲッデスの下で助手となり,99年にはオックスフォード大学に移り,1910年,H.J.マッキンダーの後を継いで教授となった。初期には気候学や海洋学に関する業績が多くあり,その代表作は《降水の分布》(1901)である。1904年には地質構造,地形,気候に基づく世界の自然地域区分について講演を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハーバートソンの言及

【地域】より

…その後W.ケッペンは,この方式に改良を加え,植生図との対応関係を重視して,利用価値の広い世界の気候区分を達成したのである。このほか,20世紀に入ると,ハーバートソンA.J.Herbertsonによる世界の自然的地域区分図(1905)をはじめとして,アンステッドJ.F.Unsteadの地理学的地域区分の提唱(1916),30年代にはD.S.ホイットルセーによる世界の農業区分図(1936),イェーガーF.Jaegerによる世界の人文地理学的区分図(1934)などが相前後して提示された。これらはいずれも同質的見方による地域システムであった。…

【地域】より

…その後W.ケッペンは,この方式に改良を加え,植生図との対応関係を重視して,利用価値の広い世界の気候区分を達成したのである。このほか,20世紀に入ると,ハーバートソンA.J.Herbertsonによる世界の自然的地域区分図(1905)をはじめとして,アンステッドJ.F.Unsteadの地理学的地域区分の提唱(1916),30年代にはD.S.ホイットルセーによる世界の農業区分図(1936),イェーガーF.Jaegerによる世界の人文地理学的区分図(1934)などが相前後して提示された。これらはいずれも同質的見方による地域システムであった。…

※「ハーバートソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハーバートソンの関連キーワードイギリス連邦古地理学自然地理学生物地理学地理学動物地理学イギリスオランダ戦争イギリス巻イギリス組曲イギリス鞍 (English saddle)