バイエルン放送交響楽団(読み)ばいえるんほうそうこうきょうがくだん(英語表記)Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks

日本大百科全書(ニッポニカ)「バイエルン放送交響楽団」の解説

バイエルン放送交響楽団
ばいえるんほうそうこうきょうがくだん
Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks

ドイツのミュンヘンに本拠を置くバイエルン放送協会所属の交響楽団。1949年に創設された。初代常任指揮者はオイゲン・ヨッフム。短期間のうちにドイツ有数のオーケストラとなり、クレメンス・クラウス、ベーム、クレンペラーらの大指揮者が客演指揮、1961~1979年にはクーベリックを常任に迎えた。彼の辞任後、しばらく常任指揮者を置かずに活動したが、1983~1992年コリンデービス、1993~2002年ロリン・マゼールが常任指揮者を務めた。マゼール退任後は旧ソ連出身のマリス・ヤンソンスMariss Jansons(1943―2019)が常任指揮者に就任。おもにミュンヘンのヘルクレス・ザールで演奏を行う。

[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「バイエルン放送交響楽団」の解説

バイエルン放送交響楽団

ドイツのミュンヘンを拠点とするオーケストラ。1949年にバイエルン放送の専属オーケストラとして設立。主な指揮者はオイゲン・ヨッフム、ラファエル・クーベリック、コリン・デーヴィス、ロリン・マゼールなど。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android