コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオセラミックス バイオセラミックスbioceramics

4件 の用語解説(バイオセラミックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオセラミックス
バイオセラミックス
bioceramics

生体機能セラミックスともいう。セラミックスは生体組織と親和性があるので,人体の硬組織の補修あるいは補綴材料として利用される。次の3種類に分類される。 (1) 骨と機械的に結合され,生体内で化学的に安定であるもの (アルミナカーボンなど) ,(2) 生体内で吸収され,骨と置換されるもの (リン酸カルシウムなど) ,(3) 骨と接触して骨組織と化学的に結合するもの (バイオガラス,ハイドロオキシアパタイトなど) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バイオセラミックス

生体機能を代行するセラミックス生体適合材料の一種で,主に人工骨や人工関節,歯,人工歯根などに用いられる。人体に対する毒性がなく,生体組織によくなじみ,しかも耐久性があることが求められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイオセラミックスの関連情報