コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオセラミックス bioceramics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオセラミックス
bioceramics

生体機能セラミックスともいう。セラミックスは生体組織と親和性があるので,人体の硬組織の補修あるいは補綴材料として利用される。次の3種類に分類される。 (1) 骨と機械的に結合され,生体内で化学的に安定であるもの (アルミナ,カーボンなど) ,(2) 生体内で吸収され,骨と置換されるもの (リン酸カルシウムなど) ,(3) 骨と接触して骨組織と化学的に結合するもの (バイオガラス,ハイドロオキシアパタイトなど) 。骨,歯,歯根人工関節,心臓弁,人工耳小骨などへの利用が研究されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バイオセラミックス(bioceramics)

人工骨・人工歯根などに用いるセラミックス。異物反応がなく、丈夫で加工しやすいことが必要である。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バイオセラミックス

生体機能を代行するセラミックス生体適合材料の一種で,主に人工骨や人工関節,歯,人工歯根などに用いられる。人体に対する毒性がなく,生体組織によくなじみ,しかも耐久性があることが求められる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

バイオセラミックス【bioceramics】

医療で、骨・関節・歯など生体組織の代用材料として用いるセラミックスの総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

バイオセラミックスの関連キーワード総称

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android