人工歯根(読み)じんこうしこん(英語表記)artificial tooth root

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工歯根
じんこうしこん
artificial tooth root

永久歯欠損による形態と機能の回復のために,顎骨に植え込む人工の歯根。一部が口腔内に突出すること,常に咬合力(→咬合)が負荷されることが特徴。素材として,生体不活性のコバルトクロム合金,チタン合金や,生体活性のハイドロキシアパタイト,生体活性ガラスなどがあげられる。素材の進歩に伴い,骨組織との親和性や強度に優れたものが開発されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じんこうしこん【人工歯根】

欠損した歯の根元に埋め込むためにセラミックス・金属などで作られた歯根。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人工歯根の関連情報