コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工骨 じんこうこつartificial bone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工骨
じんこうこつ
artificial bone

病気や外傷で欠損した骨を補うために開発された人工の骨。材料はリン酸カルシウムを主成分とするハイドロキシアパタイト (HAP) から作ったセラミックスが中心で,用途に合せて HAPを焼固めたものや,HAPそのものの顆粒などが使われる。骨との親和性が強く,植えるとそのまま生体と同じ状態となる。おもに使われる部位は頭蓋骨,手足の骨,耳小骨歯根など。骨が欠損した場合,従来は体の別の部位から移植することが多かったが,大きい欠損では当然足りず,人工骨による修復技術が大幅に進んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

人工骨の関連キーワード3D(3次元)プリンターヒドロキシアパタイトバイオミメティックスバイオセラミックス関節手術のいろいろ特発性大腿骨頭壊死高度管理医療機器ME(医用工学)バイオマテリアル大腿骨頸部骨折3Dプリンター大腿骨頭壊死日本特殊陶業生体適合材料ニューガラスアルミナ磁器ゴムメタルガラス工業アパタイト骨折の症状

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人工骨の関連情報