コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイカアマチャ Platycrater arguta Sieb.et Zucc.

世界大百科事典 第2版の解説

バイカアマチャ【Platycrater arguta Sieb.et Zucc.】

暖地の山中に生えるユキノシタ科の落葉低木で,バイカウツギPhiladelphusなどに近縁な植物である。枝は灰白色で,皮は薄く,はげやすい。葉には短柄があり,対生する。葉身は質が薄く,長楕円形,先は長くとがり,基部は狭いくさび形,縁にはまばらに鋭い鋸歯がある。7~8月,枝の先に集散花序をつくり,外側の数個の花は,萼が癒合し,皿状に発達して,楯状の不稔の装飾花となる。白い装飾花は浅く3~4裂した円形,表面は網状脈が目だつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイカアマチャ
ばいかあまちゃ / 梅花甘茶
[学]Platycrater arguta Sieb. et Zucc.

ユキノシタ科の落葉低木。葉には短柄があり、対生する。葉身は長楕円(ちょうだえん)形、先は長くとがり、縁(へり)にはまばらに鋭い鋸歯(きょし)がある。7~8月、枝の先に集散花序をつくり、白い花を数個まばらにつける。外側の花は萼(がく)が癒合し、皿状に発達して盾状の不稔(ふねん)の装飾花となり、円形で、浅く3~4裂し、表面は網状脈が目だつ。両性花の萼筒は倒円錐(えんすい)形、萼裂片は4枚。花弁は肉厚で卵形、長さ0.8~1センチメートル、先は鋭くとがっている。雄しべは多数。花柱は2本で長く、開出する。子房は下位。名は、花の形がウメに似ており、木全体がアマチャ(ユキノシタ科)に似ていることによる。暖地の山中に生え、東海地方、紀伊半島、四国、九州に分布し、また中国にも分布する。[若林三千男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バイカアマチャの関連キーワード植物区系暖地

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android