コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイモ

3件 の用語解説(バイモの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バイモ

中国原産で,庭などに植えられ,ときに野生化するユリ科の多年草。茎は高さ30〜80cm。葉は2〜3枚ずつ数段になってつき,線状披針形で長さ7〜15cm。葉の先は長くとがり,上部の葉では巻きひげ状に巻く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バイモ【Fritillaria thunbergii Miq.】

中国原産で,日本では鎮咳,去痰などの生薬として栽培されているユリ科バイモ属の多年草(イラスト)。草丈15~90cm,葉は多数で,線状披針形,その先端は巻きひげ状となって巻きつくことがある。地下に白い鱗茎をもつ。花は1~7個,完全な両性花か雄性単性花で,下垂し,鐘状,花被片6枚,外側は淡黄緑色,内側には紫色の網目模様がある。このことから,アミガサユリ(編笠百合)の別名がある。中国ではこの属の数種の鱗茎を〈貝母〉というが,ベルチシンverticineなどのアルカロイドを含み,古くから薬用として利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイモ
ばいも

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイモの関連情報