コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バガテル バガテル bagatelle

翻訳|bagatelle

4件 の用語解説(バガテルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バガテル
バガテル
bagatelle

音楽用語。本来は「くだらぬもの」「ささやかなもの」の意味であるが,転じて軽やかな内容の小規模な作品をさす。しばしば2部分,あるいは3部分から成るリート形式をとる。代表的なものはベートーベンの op.33,op.119,op.126の各バガテル

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バガテル(〈フランス〉bagatelle)

《とるにたりないことの意》音楽で、主に鍵盤(けんばん)楽器用の小品曲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バガテル【bagatelle[フランス]】

〈つまらないこと〉〈ささいなこと〉を意味し,軽い小曲をいう。形式や性格は一定しない。表題としてはF.クープランのクラブサン曲第10組曲《Les bagatellesニ長調》(1717)に複数形で登場したのが早く,18世紀後半からおもにピアノ音楽として作られた。性格を明確にする副題をもつものも珍しくない。他の楽器や合奏用のものも少数ながら存在し,A.ウェーベルン弦楽四重奏のための《六つのバガテル》(1913)を書いて後,この題の現代作品は少なくない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バガテル
ばがてる
bagatelleフランス語

ヨーロッパ近代の音楽において、楽曲のタイトルとして使われた名称。本来は「つまらないもの」といった意味で、楽曲名としては、とくに決まった意味をもっていたとか、一定の形式と結び付いていたわけではないが、ごく小規模な小品につけられた題名で、ピアノ曲であることが圧倒的に多い。18世紀から19世紀にかけて使用されるようになり、とくにベートーベンは短いスケッチのようなピアノ曲に好んでこの名をつけた。またしばしば複数形で、数曲からなる曲集のタイトルとして用いられることもある。このことばはその後も、頻繁ではないが、ほぼこういった使われ方で、20世紀までときどき音楽作品のタイトルとして現れている。[大崎滋生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バガテルの関連キーワードうだうだせこ陳腐本末転倒無意義無意味無点些細些事詰らぬ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バガテルの関連情報