コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バガテル bagatelle

翻訳|bagatelle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バガテル
bagatelle

音楽用語。本来は「くだらぬもの」「ささやかなもの」の意味であるが,転じて軽やかな内容の小規模な作品をさす。しばしば2部分,あるいは3部分から成るリート形式をとる。代表的なものはベートーベンの op.33,op.119,op.126の各バガテル。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バガテル(〈フランス〉bagatelle)

《とるにたりないことの意》音楽で、主に鍵盤(けんばん)楽器用の小品曲。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バガテル【bagatelle[フランス]】

〈つまらないこと〉〈ささいなこと〉を意味し,軽い小曲をいう。形式や性格は一定しない。表題としてはF.クープランのクラブサン曲第10組曲《Les bagatellesニ長調》(1717)に複数形で登場したのが早く,18世紀後半からおもにピアノ音楽として作られた。性格を明確にする副題をもつものも珍しくない。他の楽器や合奏用のものも少数ながら存在し,A.ウェーベルンが弦楽四重奏のための《六つのバガテル》(1913)を書いて後,この題の現代作品は少なくない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バガテル
ばがてる
bagatelleフランス語

ヨーロッパ近代の音楽において、楽曲のタイトルとして使われた名称。本来は「つまらないもの」といった意味で、楽曲名としては、とくに決まった意味をもっていたとか、一定の形式と結び付いていたわけではないが、ごく小規模な小品につけられた題名で、ピアノ曲であることが圧倒的に多い。18世紀から19世紀にかけて使用されるようになり、とくにベートーベンは短いスケッチのようなピアノ曲に好んでこの名をつけた。またしばしば複数形で、数曲からなる曲集のタイトルとして用いられることもある。このことばはその後も、頻繁ではないが、ほぼこういった使われ方で、20世紀までときどき音楽作品のタイトルとして現れている。[大崎滋生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バガテルの関連キーワードリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)ヴァイン, カール:アンネ・ランダ・プレリュード/piano soloベートーヴェン:6つのバガテル/piano soloリスト:暗い雲/piano solo弦楽四重奏のための六つのバガテルジャルダン・ドゥ・バガテルベートーベン(年譜)静岡県賀茂郡河津町峰世界のおもな植物園キャラクターピースサントス・ドゥモンジョン オコナーエリーゼのためにシベリウス性格小品坂本 勉飛行機

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バガテルの関連情報