コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バクラーノフ バクラーノフBaklanov, Grigorii Yakovlevich

2件 の用語解説(バクラーノフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バクラーノフ
バクラーノフ
Baklanov, Grigorii Yakovlevich

[生]1923.9.11. ボロネジ
ソ連,ロシアの作家。第2次世界大戦に参加,戦争のなかで青春をおくり,戦後,ゴーリキー文学大学を卒業。『鷽 (うそ) のなかで』V snegiryakh (1954) で作家としてデビュー。初めコルホーズ農村をテーマにした短編やルポルタージュを書いたが,やがて戦場における兵士の日常を描いた作品で本領を発揮。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バクラーノフ
ばくらーのふ
Григорий Яковлевич Бакланов Grigoriy Yakovlevich Baklanov
(1923―2009)

ロシアの作家。第二次世界大戦に従軍。ゴーリキー文学大学卒業後、作家活動に入る。『主力攻撃より南へ』(1958)、『一寸の土地』(1959)、『死者に鞭(むち)打つなかれ』(1961)、『41年7月』(1964)など一連の中編小説で、戦場という極限状況内での人間の心理とモラルの問題を追究、戦争文学のジャンルに新手法をもたらす。ほかに現代社会における人間の苦悩と生き方の問題に光を当てた中編『カルプーヒン』(1966)、長編『親友たち』(1975)、長編『末弟』(1981)、中編『仲間』(1990)などがある。1986年から1991年まで文芸雑誌『ズナーミャ』の編集長として文学界の刷新につとめた。[箕浦達二]
『箕浦達二訳『カルプーヒン』(『現代ソヴェト文学18人集3』所収・1967・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バクラーノフの関連キーワード奥健蔵キネマ旬報日活(株)有島武郎伊藤野枝トルストイ長崎大学梁思成大森房吉ギューリック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone