バグラティ大聖堂とゲラティ修道院(読み)バグラティだいせいどうとゲラティしゅうどういん

世界遺産詳解の解説

1994年に登録、2010年に登録内容が変更された世界遺産(文化遺産)で、グルジア西部、イメレティ地方の古都クタイシにある中世キリスト教の遺構。その代表といえるバグラティ(バグラチ)大聖堂は、クタイシのウキメリオニの丘の上にあり、グルジアの中世建築の傑作とされている。建造はグルジア王バグラト3世の治世下の11世紀初頭で、大聖堂名もこの王の名前に由来する。大聖堂は1691年に、この地に侵入したオスマン帝国の軍勢の砲撃で、外壁を残し崩壊する被害を受け、放棄された。その再建と保存は1952年に始まり、その努力が世界遺産の認定につながり、2001年にはグルジア正教会の聖堂に復帰し、クタイシ市のシンボルになった。一方、ゲラティ修道院は、グルジア王ダヴィド4世により、バグラティ大聖堂のおよそ100年後に建設が始まった。クタイシ郊外のイメレティアの丘にあり、1510年にオスマン帝国により破壊され、後に修復された、中世グルジアを代表する建造物の一つである。この修道院には付属王立学校がつくられた。また、この修道院の聖母マリア聖堂には、天井のモザイク画やフレスコの技法による壁画が残されており、その文化的な価値が高く評価されている。2010年、再建計画を理由として危機遺産リストに登録された。◇英名はBagrati Cathedral and Gelati Monastery

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android