コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシレイオス[1世] Basileios I Makedōn

1件 の用語解説(バシレイオス[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バシレイオス[1世]【Basileios I Makedōn】

827‐886
ビザンティン帝国の皇帝。在位867‐886年。トラキアの農家の出身。ミハエル3世の庇護の下に馬丁から副帝に出世。後に同帝を暗殺し即位し,マケドニア朝を興す。第8回公会議を首都コンスタンティノープルで開催(869),ローマ教皇とのフォティオス論争に終止符をうつ。ローマ法大全の実用化のためプロケイロン(民法・公法の実務便覧)およびその改編エパナゴゲを編纂。対外的にはシチリア島シラクサから北上するイスラム勢力に対し,南イタリアにテマ(軍管区)を新設し,これを押さえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バシレイオス[1世]の関連キーワードデューク東ローマ帝国ビザンチン建築ビザンチン帝国ラテン帝国ビザンチウムビザンチン教会ビザンツ帝国ビザンチン式ビザンチン文化

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone