コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシレイオス[1世] Basileios I Makedōn

世界大百科事典 第2版の解説

バシレイオス[1世]【Basileios I Makedōn】

827‐886
ビザンティン帝国の皇帝。在位867‐886年。トラキアの農家の出身。ミハエル3世の庇護の下に馬丁から副帝に出世。後に同帝を暗殺し即位し,マケドニア朝を興す。第8回公会議を首都コンスタンティノープルで開催(869),ローマ教皇とのフォティオス論争に終止符をうつ。ローマ法大全の実用化のためプロケイロン(民法・公法の実務便覧)およびその改編エパナゴゲを編纂。対外的にはシチリア島シラクサから北上するイスラム勢力に対し,南イタリアにテマ(軍管区)を新設し,これを押さえた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android