コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バトゥ洞窟 バトゥドウクツ

デジタル大辞泉の解説

バトゥ‐どうくつ【バトゥ洞窟】

Batu Caves》マレーシアの首都クアラルンプールの郊外にある洞窟。市街中心部から北約10キロメートルに位置する。ヒンズー教の聖地であり、聖人や神々が祭られている。毎年1月から2月にかけてタイプーサムとよばれる祭りが行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

バトゥどうくつ【バトゥ洞窟】

マレーシアの首都クアラルンプールの郊外にある洞窟。同市街からバスで1時間ほどの距離にある。1878年に発見された洞窟で、ヒンドゥー教の聖地になった。◇毎年1月下旬から2月上旬にかけて、この洞窟でヒンドゥー最大の行事であるタイプーサム(Thaipusam)の祭りが行われる。断崖絶壁に入り口のあるバトゥ洞窟に行くには、272段の急な階段を登らなければならない。途中、猿の群れが出没するので、持ち物(特に食べ物)に注意する必要があるといわれる。また、階段の途中に「ダークケイブ」という鍾乳洞への入り口がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

バトゥ洞窟の関連キーワードマレーシア

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バトゥ洞窟の関連情報