バトラー(Joseph Butler)(読み)ばとらー(英語表記)Joseph Butler

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バトラー(Joseph Butler)
ばとらー
Joseph Butler
(1692―1752)

イギリスの神学者、道徳思想家。道徳感覚学派を代表する一人。シャフツベリ伯の影響を受けて、ホッブズの快楽主義を批判し、人間には「自愛」以外に「良心」としての道徳感覚とそれによる支配原理が存在すると主張し、後者に前者を統治・規制する優位を与える。また、彼の利己主義の批判は有名で、利己主義は欲求の対象とそこから得られる満足との混同に由来すると説く。さらに、彼はシャフツベリの影響を超えて、人間本性を含む世界全体を、自然と道徳の合一を可能にする目的論的体系・制度と考える。著作に『説教15集』(1726)、『自然宗教と啓示宗教の自然の構成および運行との類比』(1736)などがある。

[杖下隆英 2015年7月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android