バニラエッセンス(英語表記)vanilla essence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バニラエッセンス
vanilla essence

製菓用香料の代表的なもの。バニラ果を陰干しにして,アルコールバニリンその他を抽出したもので,アイスクリーム,チョコレート,ヨーグルトなどに使われる。バニラの利用は 16世紀頃メキシコで始ったといわれ,その後ドミニカ,ハイチ,ニカラグアの中部アメリカとマダガスカルでも産し,南洋系のものもある。最近は化学合成でバニリンをつくり,また木材のリグニンからも抽出されるが,天然のものには及ばない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

バニラエッセンス【vanilla essence】

バニラの果実から採った香料。また、その香りに似せて合成した香料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バニラエッセンスの関連情報