コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バビットメタル Babbitt metal

百科事典マイペディアの解説

バビットメタル

スズを主体とする軸受合金。アンチモン3〜15%,銅3〜10%の各種組成のものがあり,ときにスズの一部を鉛で置き換えることもある。主として内燃機関用。名は鋼・砲金の台金にスズを主体とする合金を内張りする方法を発明したI.バビットにちなむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

バビットメタル【Babbitt metal】

軸受け合金の一種。スズを80~90パーセント含むホワイト-メタル。アメリカのバビット(I. Babbitt1799~1862)が発明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のバビットメタルの言及

【軸受合金】より

…上記のようなさまざまの要求を満たすために,軟らかい部分と硬い部分が混在している組織であるものが多い。 スズ‐鉛系の合金にはホワイトメタル,あるいはバビットメタルと呼ばれるものがあり,小型の機械から大型のタービンに至る広い範囲で使用されていて,すべり軸受用の代表的な合金である。アンチモンSbを10%前後含み,残りが大部分スズであるものから,大部分鉛であるものまで,一連の組成のものがある。…

※「バビットメタル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バビットメタルの関連キーワードホワイトメタル減摩合金

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android