コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリェ=インクラン バリェ=インクラン Valle-Inclán, Ramón del

1件 の用語解説(バリェ=インクランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリェ=インクラン
バリェ=インクラン
Valle-Inclán, Ramón del

[生]1866.10.28. ビリャヌエバデアロサ
[没]1936.1.5. サンチアゴデコンポステラ
スペインの小説家,劇作家,詩人。メキシコ旅行 (1892~93) のあとマドリードに出て作家生活に入り,ニカラグア近代主義の詩人 R.ダリオの影響のもとに唯美的な作品を書いた。主著,小説『秋のソナタSonata de otoño (1902) ,『独裁者バンデラス』 Tirano Banderas (26) ,短編集『幽冥の庭』 Jardín umbrío (03) ,戯曲『群狼のロマンセ』 Romance de lobos (08) ,『妻を寝取られたドン・フリオレラ』 Los cuernos de Don Friolera (21) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バリェ=インクランの関連キーワードビリャヌエバビリャ広場JANUビリャサンフルホビリャシスネロスパンチョ・ビリャ荒井シャヌレバリャドリード・ラ・ヌエバビリャヌエバ,J.deペロ・デ・コビリャン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone