コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリューズ Étienne Baluze

世界大百科事典 第2版の解説

バリューズ【Étienne Baluze】

1630‐1718
フランスの歴史家。テュルに生まれる。碩学の誉れ高いトゥールーズの大司教ピエール・ド・マルカの秘書を務め,その薫陶を受けた。大司教の没後,1700年までコルベールの司書として30年間古書収集に当たり,マザランの手帳,フーケの手文庫などを含む貴重な文献をはじめ,コルベールの文庫の名を高からしめる古書の多くを購入した。1689年王立教授団(のちのコレージュ・ド・フランス)の教授,1707年には団長となり,多くの中世ラテン古文書の模範的校訂本を出版した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バリューズの関連情報