コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリューズ Étienne Baluze

世界大百科事典 第2版の解説

バリューズ【Étienne Baluze】

1630‐1718
フランスの歴史家。テュルに生まれる。碩学の誉れ高いトゥールーズの大司教ピエール・ド・マルカの秘書を務め,その薫陶を受けた。大司教の没後,1700年までコルベールの司書として30年間古書収集に当たり,マザランの手帳,フーケの手文庫などを含む貴重な文献をはじめ,コルベールの文庫の名を高からしめる古書の多くを購入した。1689年王立教授団(のちのコレージュ・ド・フランス)の教授,1707年には団長となり,多くの中世ラテン古文書の模範的校訂本を出版した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バリューズの関連キーワード11月24日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バリューズの関連情報