コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルビエ Auguste Barbier

世界大百科事典 第2版の解説

バルビエ【Auguste Barbier】

1805‐82
フランスの詩人。七月革命の翌日,《奪いあい》をはじめ,《騒乱》《人望》《偶像》などの風刺詩を世に問い,激しい怒りをもって,〈荒々しく力強い〉韻文で,七月革命の受益者や日和見主義者たちの真の姿を暴いた。これらは詩集《イアンブ(風刺詩)》(1831)に収められ,世人に衝撃を与えた。また,唯美的な抒情を歌った詩集《イル・ピアント(涙)》(1833),イギリスの労働者の〈苦しみと悲惨〉を歌った詩集《ラザール》(1837),シェークスピアコールリジボッカッチョなどの翻訳や,失敗に終わったベルリオーズのオペラ《ベンベヌート・チェリーニ》の台本など,さまざまなジャンルで多くの作品を発表し,1869年にはアカデミー・フランセーズの会員に選ばれたが,皇帝(ナポレオン3世)に拝謁することは辞退した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バルビエの関連キーワードフランソワ・オーガスト・ヴィクター グリニャールファウスト(ゲーテの悲劇)アカデミー・フランセーズロニー・リストン スミスジョン アバークロンビースティーブ ジャンセンフランコ ダンドレアアイアート モレイラナナ バスコンセロスミシュラン[会社]アルド ロマーノグリニャール反応エンリコ ラバグエルチーノボブ シールホフマン物語グリニャールスペイン音楽パソドブレサルスエラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルビエの関連情報