コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルビエ Auguste Barbier

1件 の用語解説(バルビエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バルビエ【Auguste Barbier】

1805‐82
フランスの詩人。七月革命の翌日,《奪いあい》をはじめ,《騒乱》《人望》《偶像》などの風刺詩を世に問い,激しい怒りをもって,〈荒々しく力強い〉韻文で,七月革命の受益者や日和見主義者たちの真の姿を暴いた。これらは詩集《イアンブ(風刺詩)》(1831)に収められ,世人に衝撃を与えた。また,唯美的な抒情を歌った詩集《イル・ピアント(涙)》(1833),イギリスの労働者の〈苦しみと悲惨〉を歌った詩集《ラザール》(1837),シェークスピアコールリジボッカッチョなどの翻訳や,失敗に終わったベルリオーズオペラ《ベンベヌート・チェリーニ》の台本など,さまざまなジャンルで多くの作品を発表し,1869年にはアカデミー・フランセーズの会員に選ばれたが,皇帝(ナポレオン3世)に拝謁することは辞退した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バルビエの関連キーワード三月革命三色旗シエイエス七月王政七月革命ハイネブランキ一八四八年の革命ルイフィリップLAティエール

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バルビエの関連情報