コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バル・コフバ バル・コフバBar Cochba; Bar Kokhba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バル・コフバ
Bar Cochba; Bar Kokhba

[生]?
[没]135
ローマ皇帝ハドリアヌス (在位 117~138) の時代,パレスチナにおけるユダヤの第2次対ローマ反乱の指導者。本名シメオン・バル・コジバ。 132年にエルサレムを占領,ローマからの聖徒解放を記念する貨幣を鋳造した。またユダヤ教の指導者ラビ・アキバよりメシアの称号を,またバル・コフバ (「星の息子」の意) の名を贈られたが,ローマの物量作戦の前に敗退,ベテル (エルサレム近郊) を拠点とする2年にわたる抗戦ののち戦死。このとき,エルサレムはローマによって徹底的に破壊され,エルサレムはローマ名アエリア・カピトリナに変えられた。 1960年死海付近の洞穴で,彼の部下たちの手になるパピルス書簡が発見され,その勇猛果敢な指揮ぶりが判明した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バル・コフバの関連キーワードエルサレム死海文書ヤブネ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android