コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレアレス[諸島] バレアレス

百科事典マイペディアの解説

バレアレス[諸島]【バレアレス】

イベリア半島東方,西地中海にあるスペイン領の諸島。マリョルカメノルカイビサなどの島々からなり,バレアレス自治州を形成する。地中海式気候で,オリーブや果物の栽培が盛ん。
→関連項目スペイン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バレアレス[諸島]【Islas Baleares】

イベリア半島の東,地中海上にあってマリョルカMallorca,メノルカMenorca,イビサIbiza,フォルメンテラFormenteraその他の小島からなるスペイン領諸島で,行政的には一県をなしている。総面積5014km2,人口65万5909(1981),主都はパルマ・デ・マリョルカ。言語はカスティリャ語(スペイン語)のほかに中世カタルニャ語から分かれたいくつかの方言が使われる。 バレアレス諸島は地質学的にはイベリア南部のペニベティカ山脈の延長であり,付近の海域では水深は500mに達しない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バレアレス[諸島]の関連キーワードパルマ・デ・マリョルカイベリア半島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android