コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレンシア王国 バレンシアおうこくKingdom of Valencia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレンシア王国
バレンシアおうこく
Kingdom of Valencia

1021~1238年スペイン東部に存在したイスラム (ムーア人) の小王国。後ウマイヤ朝の没落後,イスラム社会は 20の小王国に分裂したが,そのうちの一つ。アブドゥル・アジーズ・アル・マンスールの平和と繁栄の治世 (1021~61) ののち,カスティリアのフェルナンド1世の攻撃を受け,トレドの保護下に入った (65~75) 。 1094~99年カスティリアのアルフォンソ6世 (勇猛王) に仕えたエル・シッドの支配を受け,その後北アフリカのアルモラビド朝,アルモハド朝に併合されたが,ハイメ1世 (征服王) の国土回復運動によって 1238年9月アラゴン王国に併合された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バレンシア王国の関連キーワードバレンシア自治州バレンシア県バレンシアハイメ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android