バレンシア王国(読み)バレンシアおうこく(英語表記)Kingdom of Valencia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレンシア王国
バレンシアおうこく
Kingdom of Valencia

1021~1238年スペイン東部に存在したイスラム (ムーア人) の小王国。後ウマイヤ朝の没落後,イスラム社会は 20の小王国に分裂したが,そのうちの一つ。アブドゥル・アジーズ・アル・マンスールの平和と繁栄の治世 (1021~61) ののち,カスティリアのフェルナンド1世の攻撃を受け,トレドの保護下に入った (65~75) 。 1094~99年カスティリアのアルフォンソ6世 (勇猛王) に仕えたエル・シッドの支配を受け,その後北アフリカのアルモラビド朝,アルモハド朝に併合されたが,ハイメ1世 (征服王) の国土回復運動によって 1238年9月アラゴン王国に併合された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android