コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレンズエラ Valenzuela, Fernando

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレンズエラ
Valenzuela, Fernando

[生]1960.11.1. エチョウワキーラ
メキシコのプロ野球選手。フルネーム Fernando Valenzuela Anguamea。アメリカ合衆国の大リーグで 17シーズンにわたり,投手として活躍した。メキシコのプロリーグでプレーしていた 1977年,ロサンゼルス・ドジャーズのスカウトに見出された。1981年ドジャーズの開幕戦に登板し,ヒューストン・アストロズを完封。ストライキにより試合数が少なくなるなか,13勝7敗の好成績でシーズンを締めくくった。完投 11,完封 8,投球回数 192イニング,奪三振 180はいずれもナショナルリーグで首位となり,リーグ新人王とサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)の同時受賞という大リーグ史上初の快挙を達成。アメリカのラテン・コミュニティーと母国メキシコで一躍スターとなった。現役時代の通算成績は 173勝153敗。1986年には自己最多の 21勝を上げ,リーグ最多の 20完投を記録した。ドジャーズで 11年間プレーしたのち,ボルティモア・オリオールズ,フィラデルフィア・フィリーズなどに移籍。サンディエゴ・パドレス在籍中の 1996年,アメリカとカナダ以外の国では初の大リーグ公式戦としてメキシコのモンテレイで開催されたニューヨーク・メッツ戦に先発し,勝利投手となった。1997年に大リーグを引退後,数シーズンにわたりメキシコでプレーを続けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バレンズエラ
ばれんずえら
Fernando Anguamea Valenzuela
(1960― )

アメリカのプロ野球選手(左投左打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のロサンゼルス・ドジャース、カリフォルニア・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)、ボルティモア・オリオールズ、フィラデルフィア・フィリーズ、サンディエゴ・パドレス、セントルイス・カージナルスで投手としてプレー。独特のフォームからスクリュー・ボールを投げ込んでセンセーショナルに登場し、「フェルナンド・マニア」とよばれる熱狂的なファンを生み出した左腕投手である。
 11月1日、メキシコのナボホアで生まれる。1978年からメキシカン・リーグで投げていたが、契約を買い取られる形で79年、ドジャースに入団。1980年のシーズン終盤に大リーグに初昇格した。ストライキで前、後期制となった1981年は開幕からローテーション投手として起用され、13勝7敗、防御率2.48の好成績をあげ、奪三振180でタイトルを獲得。ワールド・シリーズでも1勝をあげ、チームのワールド・シリーズ優勝に貢献した。この活躍で熱狂的なファンを得るとともに、サイ・ヤング賞(最優秀投手賞のこと)と新人王を同時受賞した。以降、1987年まで2桁(けた)勝利を続け、86年には21勝で最多勝も獲得した。1988年は故障で5勝に終わったが、89年から2年連続2桁勝利と復活。とくに、1990年にはノーヒットノーランも達成した。1991年のキャンプ中に解雇され、エンゼルスへ移籍。しかし1勝もできず、翌92年はメキシカン・リーグで1年間を過ごした。1993年にオリオールズで大リーグへ復帰したが、94年はメキシカン・リーグで投げ、シーズン終盤には大リーグのフィリーズで1勝をあげた。1995年にパドレス入りすると、96年には13勝をマーク。1997年は2勝8敗でシーズン途中にカージナルスへトレードされ、シーズンオフに現役を退いた。
 17年間の通算成績は、登板試合453、投球回2930、173勝153敗、防御率3.54、奪三振2074、完投113、完封31。獲得したおもなタイトルは、新人王、最多勝利1回、最多奪三振1回、サイ・ヤング賞1回、ゴールドグラブ賞1回。[山下 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バレンズエラの関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バレンズエラの関連情報