バンクーバー・オリンピック冬季競技大会(読み)バンクーバー・オリンピックとうききょうぎたいかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンクーバー・オリンピック冬季競技大会
バンクーバー・オリンピックとうききょうぎたいかい

カナダのバンクーバーで開催された,第21回オリンピック冬季競技大会。2010年2月12日から 28日まで行なわれ,82の国と地域から 2500人以上の選手が参加した。カナダでは 1988年のカルガリー・オリンピック冬季競技大会以来 22年ぶりの開催となった。暖冬による雪不足に悩まされ,開会式は史上初めて屋内で開催された。開会直前の公式練習中にジョージア(グルジア)のリュージュ選手が事故で死亡し,競技施設の安全対策が問題となった。新種目にはスキークロス(→フリースタイルスキー)が加わった。国別のメダル獲得数は,金メダルはカナダの 14個,総数ではアメリカ合衆国の 37個が最多であった。個人で最も多くのメダルを獲得したのはノルウェーの女子クロスカントリースキー選手マリット・ビョルゲンで,金メダル 3個を含む 5個のメダルを獲得した。アルペンスキーではアメリカ選手の活躍が目立ち,男子複合でボディー・ミラーが,女子滑降でリンゼイ・ボンがそれぞれ優勝するなど,計 8個のメダルを獲得した。ノルウェーのアクセルルント・スビンダルは,男子スーパー大回転で金メダルを,滑降で銀メダルを,大回転で銅メダルを獲得した。大韓民国(韓国)はスピードスケートショートトラックスピードスケートで多くのメダルを獲得,女子フィギュアスケートでキム・ヨナ(金妍児)が金メダルを獲得するなど,メダル総数 14個と躍進した。日本は男子 49人,女子 45人の選手が参加し,フィギュアスケートの浅田真央,スピードスケートの長島圭一郎,スピードスケート女子団体追い抜きチームが銀メダルを,フィギュアスケートの高橋大輔とスピードスケートの加藤条治が銅メダルを獲得した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android