コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅田真央 あさだまお

4件 の用語解説(浅田真央の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅田真央
あさだまお

[生]1990.9.25. 愛知,名古屋
フィギュアスケート選手。5歳からアイススケートを始め,2004年 ISUジュニアグランプリファイナルでジュニア女子史上初のトリプルアクセルを成功させて優勝。その後,代名詞ともなったトリプルアクセルを武器に,15歳だった 2005年に東京都で行なわれた ISUグランプリファイナルシングルで優勝。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

浅田真央

日本のフィギュアスケート選手。日本スケート連盟特別強化選手。愛知県名古屋市出身、1990年9月25日生まれ。身長163cm、血液型B型。中京大学所属。
女子では世界で数人しか飛ぶことのできない3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を得意とし、国際大会のフリー演技中に2回のトリプルアクセルを成功させた(2008.12グランプリファイナル)初めての女子選手となった。
5歳から、姉の浅田舞とともにフィギュアスケートを始める。2004~05シーズンにISUジュニアグランプリファイナルと世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会で優勝、全日本フィギュアスケート選手権大会(シニア)でも14歳で準優勝してトップ選手に仲間入りした。翌05~06シーズンにはISUグランプリファイナルで優勝したが、06年のトリノオリンピック国際スケート連盟(ISU)の規定(五輪前年の7月1日の前日までに15歳になっていること)に87日足りず、出場できなかった。06~07シーズンは全日本フィギュアスケート選手権大会 優勝のほかISUグランプリNHK杯フィギュアスケート競技大会で当時のISU歴代最高得点(199.52)での優勝、ISUグランプリファイナル、世界フィギュアスケート選手権大会で共に準優勝。その後、07~08シーズンから13~14シーズンまでISUグランプリファイナル優勝3回、全日本フィギュアスケート選手権大会優勝5回、四大陸選手権大会優勝3回、世界フィギュアスケート選手権大会優勝2回を記録する。
10年バンクーバーで開催の冬季オリンピックに初出場し、銀メダルを獲得。その後、ロシアのタチアナ・タラソワコーチの元を離れて、10年9月から日本の佐藤信夫コーチに師事し、ジャンプやスケーティングを基礎から見直した。10~11シーズンには、簡単なジャンプも飛べなくなる不振に陥り、主要大会の優勝からも遠ざかったが、次第にトレーニングの成果が表れ、13年のグランプリシリーズではスケートアメリカ、NHK杯国際フィギュアスケート競技大会及びファイナルで優勝。全日本フィギュアスケート選手権大会は3位となるも、14年のソチオリンピック代表に選出された。今季限りの現役引退を表明しており、最後のオリンピック出場となる見込み
13~14シーズンは、ショートプログラムではショパンの「ノクターン」(振付:ローリーニコル)、フリーではラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」(振付:タチアナ・タラソワ)をテーマ曲とし、ショートで1回、フリーで2回のトリプルアクセルに挑んでいる。

(葛西奈津子 フリーランスライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅田真央 あさだ-まお

1990- 平成時代の女子フィギュアスケート選手。
平成2年9月25日生まれ。5歳からスケートをはじめる。平成12-13年シーズンより山田満知子に師事。16年12月ジュニアグランプリファイナル優勝(初めてトリプルアクセルに成功),全日本選手権2位,17年3月世界ジュニア選手権優勝,17年12月グランプリファイナル優勝,18年12月NHK杯優勝,19年グランプリファイナルではショートプログラム6位をフリースケーティングで巻き返し総合2位となった。20年の世界選手権イエテボリ大会で優勝,同年2度目のグランプリファイナル優勝。22年バンクーバー冬季五輪で銀メダルを獲得。同年世界選手権トリノ大会では優勝。25年NHK杯,グランプリファイナルを優勝し,26年ソチ五輪代表となり,団体で5位入賞,シングルはショートプログラムで16位と出遅れ,フリースケーティングで巻き返したが総合6位入賞におわる。同年世界選手権(さいたま市大会)で3度目の優勝。姉の浅田舞もフィギュアスケーター。愛知県出身。中京大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅田真央
あさだまお
(1990― )

フィギュアスケート選手。9月25日生まれ。愛知県名古屋市出身。5歳からフィギュアスケートを始め、12歳のときに特例で出場した全日本選手権で、女子選手として初めてトリプルフリップ-トリプルループ-トリプルトーループのコンビネーションジャンプを跳び(非公式記録)、注目を集めた。ジュニアの国際大会であるジュニアグランプリシリーズをはじめ、トリプルアクセルを成功させたジュニアグランプリファイナルや、世界ジュニア選手権、中部日本選手権など、2004年9月から2005年3月にかけて出場した10大会(シニアを含む)のうち8回優勝を果たしている。
 シニアの国際大会では、2005年のトロフィー・エリック・ボンパールで初優勝。同年のグランプリファイナルでは、初出場で初優勝を遂げた。これらの実績により、2006年オリンピック・トリノ大会への出場を期待する声もあがったが、国際スケート連盟が定める出場年齢制限に87日足らず、代表資格は得られなかった。2006~2007年のシーズンでは、キャンベルカップ、NHK杯、全日本選手権で優勝、初出場した世界選手権で銀メダルを獲得した。2007~2008年のシーズンでは、トリノで行われたグランプリファイナルが2位だったほかはすべて優勝、世界選手権でも初優勝を飾った。2009~2010年のシーズンで初出場したオリンピック・バンクーバー大会で銀メダルを獲得、世界選手権では二度目の優勝を果たした。[編集部]
『宇都宮直子著『浅田真央、16歳』(2007・文藝春秋)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅田真央の関連キーワードアイススケートペアスケーティングJSFスクールフィギュアフィギュアスケーティング世界フィギュアスケート選手権日本スケート連盟有坂隆祐織田信成ローラーフィギュアスケート

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅田真央の関連情報