コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンジェルマシン

百科事典マイペディアの解説

バンジェルマシン

インドネシア中央部,ボルネオ島南部の都市。バンジャルマシンとも。南カリマンタン州の州都バリト川河口から約38kmにあり,米,ゴム,石炭,金などを集散古くからジャワ東部との往来が盛んで,住民もマレー人とジャワ人との混血によるバンジャル人が多い。古くから独立国を形成した。1876年オランダ領となる。62万5481人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バンジェルマシン【Banjermasin】

インドネシア,ボルネオ島南部の都市。南カリマンタン州の州都。人口53万5000(1996)。ボルネオ最大のバリト川の支流マルタプラ川に臨み,バリト河口から38kmの地点にある。マルタプラ川は外洋船の航行が可能で,かつバリト川全流域の物資の集散をなしうる有利な位置を占める。古くからインド文化が流入したらしく,また東部ジャワに近いため歴史的に関係が密接であった。この地方の住民バンジェル人も,マレー人とジャワ人との混血といわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android