コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンチュラ バンチュラVančura, Vladislav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンチュラ
Vančura, Vladislav

[生]1891.6.26. ハーイウオパビ
[没]1942.6.1. プラハ
チェコの作家,医者。近代芸術の方法を追求した作家で,共産主義の信奉者。資本主義の世界を告発した作品が多く,貧困,戦争,不条理の底に資本主義の悪を見出し,ナチスに抵抗を続け,非合法活動中捕えられて処刑された。代表作,小説『パン屋ヤン・マルホウル』 Pekař Jan Marhoul (1924) ,散文詩『マルケータ・ラザロバー』 Markéta Lazarová (31) ,『チェコ民族の歴史から』 Obrazy z dějin národa českého (48,未完) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バンチュラ【Vladislav Vančula】

1891‐1942
チェコの小説家,劇作家,映画演出家。チェコスロバキアの両大戦間の芸術部門の指導者の一人で,美しい文体を駆使する作家として知られ,アバンギャルド運動の推進者。ナチスにより処刑された。初期の詩的な作品はやがて社会の状況を反映する作品へと変化し,30年代にはチェコ文学史上に残る名作をいくつも書き上げた。代表作には《パン焼きのヤン・マルホウル》(1924),《マルケータ・ラザロバー》(1931)のほか,《チェコ民族史絵巻》3巻(1939‐40)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンチュラ
ばんちゅら
Vladislav Vanura
(1891―1942)

チェコスロバキアの散文作家、劇作家、映画監督。両大戦間のチェコ文化の指導的人物で、新しい芸術の表現形式を探し求め、チェコのアバンギャルドの中心人物第二次世界大戦共産主義者としてナチスによって処刑された。作品には初期の短編『パン焼きのマルホウル』(1924)、詩的長編『マルケータ・ラザロバー』(1931)、『チェコ民族史の諸情景』(1948)などがある。[千野栄一]

資料 監督作品一覧

修学旅行 Ped maturitou(1932)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バンチュラの関連キーワードバーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)マッキム・ミード&ホワイトワイルドイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャークゴンチャロフサバチエテストビードデュリー

バンチュラの関連情報