バンベルク大聖堂(読み)バンベルクダイセイドウ

デジタル大辞泉「バンベルク大聖堂」の解説

バンベルク‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【バンベルク大聖堂】

Bamberger Dom》ドイツ中南部、バイエルン州の都市、バンベルクにある大聖堂。11世紀初頭、神聖ローマ皇帝ハインリヒ2世により建造。後期ロマネスクからゴシックにいたる過渡期の建築様式が見られる。ドイツの彫刻家、ティルマンリーメンシュナイダーによる皇帝夫妻の石棺、バンベルクの騎馬像などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「バンベルク大聖堂」の解説

バンベルク大聖堂【バンベルクだいせいどう】

ドイツ,バンベルクにある盛期ロマネスク建築の大聖堂。Bamberger Dom。12世紀末完成。バシリカ式建物で,尖頭アーチのリブ・ボールトが採用されており,ゴシックへの移行の過程を示すものとして重要。《バンベルクの騎士》や《最後の審判》などの彫刻群でも名高い。
→関連項目バンベルク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android