コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンベルク大聖堂 バンベルクダイセイドウ

2件 の用語解説(バンベルク大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バンベルク‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【バンベルク大聖堂】

Bamberger Dom》ドイツ中南部、バイエルン州の都市、バンベルクにある大聖堂。11世紀初頭、神聖ローマ皇帝ハインリヒ2世により建造。後期ロマネスクからゴシックにいたる過渡期の建築様式見られるドイツの彫刻家、ティルマンリーメンシュナイダーによる皇帝夫妻の石棺、バンベルクの騎馬像などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バンベルク大聖堂【バンベルクだいせいどう】

ドイツ,バンベルクにある盛期ロマネスク建築の大聖堂。Bamberger Dom。12世紀末完成。バシリカ式建物で,尖頭アーチリブ・ボールトが採用されており,ゴシックへの移行の過程を示すものとして重要。
→関連項目バンベルク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

バンベルク大聖堂の関連キーワード大ドイツ主義ドイツ体操ドイツ連邦共和国西ドイツ東ドイツドイツ鯉ドイツ文字統一ドイツドイ語ドイツ鼻革 (dropped noseband)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone