コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージニア案 バージニアあんVirginia Plan; Large State Plan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バージニア案
バージニアあん
Virginia Plan; Large State Plan

1787年5月,アメリカ合衆国のフィラデルフィアで開かれた合衆国憲法制定会議で,バージニア代表のエドムンド・ジェニングス・ランドルフが提案した憲法草案。「大邦案」とも呼ばれる。内容は議会における二院制両院制)を基本とし,各邦の富裕度や人口により代表者数を定めるとしたもので,ウィリアム・パターソンの提案した各邦平等の権利を主張するニュージャージー案(小邦案)と対立した。その結果両者の妥協案として,上院では邦の大小にかかわらず各邦同数(2人),下院では人口に比例する代表制が採用された。その他の点でもこの憲法制定会議の審議は,バージニア案を基礎に進められた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バージニア案の関連キーワードアメリカ合衆国憲法シャーマンマジソン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android