コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージンロード

デジタル大辞泉の解説

バージン‐ロード

《〈和〉virgin+road》キリスト教の教会の入り口から祭壇につながる中央通路。結婚式のとき、花嫁とその父親がここを通って入場する。
[補説]英語ではaisle

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

結婚式・ウェディング用語集の解説

バージンロード

バージンロードとは、教会式の結婚式において花嫁が入場し祭壇に向かって歩くまでの、教会の入り口から祭壇に向かう中央の通路に敷かれた布、もしくはその通路のことをいいます。花嫁の汚れない純潔さ象徴しており、神の前で二人が導かれて結ばれることを意味します。フラワーガールやリングボーイなどの子供たちの他には、列席者はバージンロードを踏んではならないとされます。キリスト教挙式の場合には、花嫁がその父親と左腕を組んで入場し、花嫁が祭壇の近くまで来たら、新郎が歩み寄り、父親は腕を解き、新婦を新郎に託します。挙式後は新郎新婦が腕を組んで共にバージンロードを歩いて退場します。本来は新婦と共に入場するのは父親の役割ですが、母親や兄弟など新婦に親しい人と入場しても構いません。主にプロテスタントでは白い布が用いられ、カトリックでは赤い絨毯のバージンロードが用いられます。また、布を敷いておらず、大理石の床になっているところもあります。本来は、赤い絨毯のものや大理石のものはバージンロードとは呼ばず、白い布のものをバージンロードと呼びます。ちなみにバージンロードは和製英語で、英語ではウェディングロード、またはアイルといいます。

出典|ウェディングプリンセス結婚式・ウェディング用語集について | 情報

バージンロードの関連キーワードCAN YOU CELEBRATE?ウェイサイド教会トレーン婚礼

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バージンロードの関連情報