コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーネイ条約 バーネイじょうやく

1件 の用語解説(バーネイ条約の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バーネイじょうやく【バーネイ条約】

1826年にイギリス東インド会社シャム(タイ)王国との間に締結された通商条約。イギリス東インド会社は1817年以降ペナンを基地としてシャムとの貿易に進出したが,法的な保護はなかった。一方,シャムはナコーンシータマラートを基地としてマラヤへの進出を図り,21年にケダを侵略し,さらに24年にはセランゴールにも侵入しようとした。東インド会社はバーネイ(バーニー)Henry Burneyを派遣し,交渉の結果,シャムのケダに対する宗主権を認め,ペラク緩衝地帯とすることとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーネイ条約の関連キーワードイギリス東インド会社オランダ東インド会社クライブ東インド会社プラッシーの戦いマラータムンバイ西インド会社東インドウィッカム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone