バーミアン(読み)ばーみあん(英語表記)Bāmiān

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーミアン
ばーみあん
Bmin

アフガニスタン中部、バーミアン州の州都。北のヒンドゥー・クシ山脈と南のコーヒ・バーバー山脈の間のバーミアン盆地に位置する。人口約2万8900(2001推計)。盆地は標高2600メートル、東西10キロメートル、南北1キロメートル、バーミアン川が東流し、アム川に注ぐ。東はシバル峠、ゴールバンド渓谷を経てカブールに通じ、西はバンディ・アミール湖群、北はバルク、南はハザーラジャートに通じる。住民の大半はハザーラ人で、農業に従事。バザールと観光で知られる。[勝藤 猛]

歴史

古くはインドとバクトリア、ソグディアナを結ぶ交通の要衝であった。クシャン朝時代から石窟(せっくつ)寺院が営造され、大岩壁に約1000の石窟院がある。中央部に38メートルの大仏が刻まれ、天井に太陽神神像が描かれた。大岩壁の西端近くには55メートルの大仏が刻まれていた。しかし、これらの天井画、壁画、大仏は2001年、イスラム復興主義(原理主義)による偶像崇拝禁止を掲げるタリバン政権により破壊され、大部分が失われた。バーミアンはインドの長方形、トンネル形天井の石窟と異なり、正方形、円堂、八角堂の平面とキュポラ(丸屋根)、あるいはラテルネンデッケ(井桁(いげた)持送り式)の天井をもち、ササン朝の建築様式の忠実な模倣とされている。大仏窟をはじめ、多くの窟から壁画が発見され、こうした様式が各地に伝わり、たとえばクチャ周辺の石窟(キジル、クムトラ、クズルガハなど)に影響していることが指摘されている。付近にカクラク石窟、フォラデイ石窟、13世紀モンゴル軍によって全滅したシャリゴルゴラなどがある。[長澤和俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーミアンの関連情報