コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーラビ Bhāravi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーラビ
Bhāravi

インドの詩人。6世紀頃在世。技巧的なサンスクリット叙事詩『キラータールジュニーヤ』 Kirātārjunīya (『キラータとアルジュナの格闘』) の作者。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バーラビ【Bhāravi】

6世紀ころのインドのサンスクリット詩人。生没年不詳。伝記は明らかでないが,アイホール発掘の碑銘(634)にはカーリダーサ(4~5世紀)とともにその名を連ねている。叙事詩《キラータールジュニーヤKirātārjunīya》により技巧派詩人として名声を博している。この詩は18章から成り,大叙事詩《マハーバーラタ》から取材し,勇士アルジュナ王子が凶悪な山地部族のキラータに扮したシバ神と格闘し,その武勇を認められて天授の武器を獲得するてんまつを述べているが,彼の名声は詩の内容よりはむしろ韻律および修辞上のすぐれた技巧によるもので,詩的技巧を重んじる修辞学書に多く引用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーラビ
ばーらび
Bhravi

生没年不詳。インドのサンスクリット詩人。5、6世紀ごろの人と思われる。アイホーレ発掘の碑銘(634)にはカーリダーサとともにその名を連ねている。彼の作としては『マハーバーラタ』から取材し、アルジュナ王子が山男キラータの姿をしたシバ神と格闘して天授の武器を得る顛末(てんまつ)を述べた叙事詩『キラータールジュニーヤ』があり、その韻律と修辞上の技巧は注目される。[田中於莵弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バーラビの関連キーワードインド文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android