パッキン(英語表記)packing

翻訳|packing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パッキン
packing

回転や往復運動する機械部分に用いるシール (密封装置ともいう。流体の漏れや外部からの異物の侵入を防ぐ装置) 用部品の総称 (→ガスケット ) 。材料面から,非金属パッキン,金属と非金属材料を組合せたセミメタリックパッキン,金属パッキンに分類される。製作上からは,型を用いて成形加工する成形パッキンと,詰め物として用いるグランドパッキンに分けられる。また用途によって,軸と接触させて使用する軸パッキン,ロッド,ピストン,プランジャなどに用いるロッドパッキン,ピストンパッキン,プランジャパッキンと呼ばれるものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パッキン
ぱっきん
packing

気密性を保つための詰め物。パッキングともいう。油圧機器、圧縮機、ポンプ、ボイラーなど液体や気体が密閉されている容器の接合面での漏れを防ぐため、またこのような容器に、回転する軸、往復運動をする軸などが貫通している場合、その貫通部分から内部の液体や気体が外に漏れ出さないように密閉するため、いろいろな物質を詰める。密封する場所の構造により、また圧力、温度、運動などの違いにより、詰め物の材質、形も多種多様である。材料としては天然ゴム、人造ゴム、皮革、プラスチック、木綿、アスベスト、ガラス繊維、紙、木材などの非剛体物質がおもに使用される。このほか鉄、銅、鉛およびこれらの合金などの金属を組み合わせて使用することもある。ガソリンエンジンのシリンダーヘッドに入れたパッキンのように相対運動のないところに用いたときは、ガスケットgasketという。なお、箱詰めした荷物を運搬するとき、運搬途中での動揺によって内容物が破損しないように、荷物の周りに詰める糸状の紙、プラスチックなどもパッキン(グ)という。シールsealもパッキンと同義語である。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパッキンの言及

【パッキング】より

…機械や装置の内部からの流体の漏れを防止したり,外部からの流体や塵埃の侵入を防止するために用いる機械部品を密封装置,あるいはシールといい,このうち,互いに静止した部分の密封に用いられるものをガスケットgasket,相対的に運動する部分の密封に用いられるものをパッキングと呼ぶ。工学や工業の分野ではパッキンと称している。…

※「パッキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パッキンの関連情報