パッフ(Johann Friedrich Pfaff)(読み)ぱっふ(英語表記)Johann Friedrich Pfaff

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パッフ(Johann Friedrich Pfaff)
ぱっふ
Johann Friedrich Pfaff
(1765―1825)

ドイツの数学者。シュトゥットガルトに生まれ、ゲッティンゲンベルリンの大学に学んだ。1788~1810年ヘルムシュテット大学数学教授を務めたが、その学生のなかにガウスがいた。1810年以降ハレ大学教授。

 とくに偏微分方程式の研究で知られ、彼の名を冠してよばれる方程式を研究し、その解に対して成り立つ関係を証明した(1814~1815)。その重要性は1827年にK・ヤコービによって指摘され、この関係式を積分する問題はヤコービの命名で「パッフの問題」といわれるが、微分方程式の幾何学的な理論やその応用に重要であり、また力学や熱力学などの物理学や工学との関連でも役割を担ったものである。

藤村 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android