パラディアニズム(英語表記)Palladianism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1720~70年頃にイギリスを支配した建築様式。 16世紀イタリアの建築家 A.パラディオの建築作品およびその著書『建築四書』を指導原理とし,ホイッグ党の貴族たちに強く支持された。そのりは,15年に建築家 C.キャンベルがイギリスの古典主義建築の図集"Vitruvius Britannicus"を出版し,そのなかでパラディオと I.ジョーンズを称賛したことで,同年にイギリスにいたイタリア建築家 G.レオーニが『建築四書』の英訳版を出版しはじめた。しかし,パラディアニズムの中心的人物は,バーリントン卿 R.ボイルで,キャンベルにロンドンのバーリントン邸 (1718~19) を建てさせ,みずからもチズウィック・ハウス (25~29) やヨークの集会場 (31~32) をパラディオ様式で設計した。そのほか,キャンベルのウォンステッド・ハウス (15~20) ,W.ケントのホーカム・ホール (34) などが,パラディアニズム建築の代表作である。 R.アダムや W.チェンバーズの登場とともに,次第に衰退し,パラディアニズムは新古典主義に移行していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android