コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラディオン パラディオンPalladion

2件 の用語解説(パラディオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラディオン
パラディオン
Palladion

ギリシア神話でトロイにあったとされるアテナ神像。市の創建者ダルダノスのため,ゼウスによって天から下されたとされ,これがある間はトロイは不落であったが,そのことを知ったオデュッセウスは,ディオメデスとともに市内に忍び込んでこれを盗み出し,ギリシア軍のトロイ攻略を可能にしたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パラディオン【Palladion】

ギリシア伝説で,パラスアテナPallas Athēna(パラスはアテナ女神の呼称の一つ)の像。トロイアの建設者イロスの祈りにこたえてゼウスが天より下したもので,この像が存するかぎりトロイアの安全は保証されたが,のちのトロイア戦争の際,オデュッセウスとディオメデスに盗み出され,戦後,ギリシアへ運ばれた。一説では,盗み出された神像は複製で,本物はアエネアスの手でイタリアへ運ばれたともいう。【水谷 智洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone