コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリクティン火山 パリクティンかざんVolcán Paricutín

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリクティン火山
パリクティンかざん
Volcán Paricutín

メキシコ南西部にある新成火山。メキシコ高原の南縁をなす火山帯に属する火山で,ミチョアカン州北西部,ウルアパンの西約 20kmに位置する。世界で最も新しい火山の一つで,タンシタロ山 (3842m) 北東麓の標高 2280mの耕地に,1943年2月 20日に始った噴火活動により形成された。最初の1年間で比高 450mの火山円錐丘に成長,この間噴出した溶岩や火山灰はパリクティン村などの多数の家屋を埋没させた。噴火活動は 52年まで続き,その終了時点でパリクティン火山は標高 2808mに達した。火山の成長過程を知るうえで貴重な事例の一つとなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリクティン火山
ぱりくてぃんかざん
Volcn Parcutin

メキシコ中部、ミチョアカン州パリクティン村に、1943年2月~52年3月の噴火で新生した玄武岩・安山岩の活火山。標高2810メートル。噴火開始の半月前から有感地震が群発し、農夫たちの目前で噴火が発生して比高400余メートルの噴石丘ができ、溶岩流は24平方キロメートルを覆い大被害を生じた。この噴火により、サン・ホセ・パラングリティオ村は溶岩に飲み込まれ全滅した。北海道有珠(うす)山の昭和新山(1944~45年噴火)と相前後して、同様に平らな畑に誕生し、地元民が成長過程を終始よく観測したことで知られる。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android