コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭和新山 しょうわしんざん

7件 の用語解説(昭和新山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭和新山
しょうわしんざん

北海道南西部,洞爺湖南岸有珠山の東麓にある溶岩塔 (ベロニーテ) 形の火山。標高 402m。壮瞥町に属する。 1943年から 45年にかけて地震を伴いながら噴火を繰返し,人家に近い平坦なムギ畑 (標高 150m) が隆起したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうわ‐しんざん〔セウワ‐〕【昭和新山】

北海道南西部、洞爺湖(とうやこ)南岸の有珠(うす)山東麓に、昭和18~20年(1943~1945)の活動で生じた小火山。畑地が隆起した屋根山と溶岩円頂丘からなる。標高398メートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

昭和新山【しょうわしんざん】

北海道洞爺(とうや)湖南岸の火山(特別天然記念物)。標高398m。1943年12月から1945年9月にかけて,溶岩に押し上げられた土地が地震を伴って隆起,その上に噴火により安山岩溶岩円頂丘が形成された。
→関連項目有珠山壮瞥[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうわしんざん【昭和新山】

北海道南部,洞爺(とうや)湖の南岸にある有珠(うす)山の側火山。標高403m。胆振(いぶり)支庁有珠郡壮瞥(そうべつ)村に属する。1943年12月以降1年余の火山活動によって生成された。新溶岩はデイサイトで粘性が極めて高く,地下からの貫入によって土地を隆起させ屋根山と呼ばれるドーム状の新しい山体をつくったのち,溶岩円頂丘を地表に突出させたものである。43年12月28日以降有珠山一帯を襲った連続的地震が活動の先駆で,翌44年1月に入ると震源は東麓に集中し,東麓部の地盤隆起と地裂発生が観察され,とくに東麓斜面標高120~150mの字九万坪の畑地が地盤隆起の中心となり,6月23日この地に最初の水蒸気爆発が起こった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうわしんざん【昭和新山】

1943年(昭和18)から45年にかけての火山活動により、北海道の洞爺とうや湖南側、有珠うす火山の東麓に生じた側火山。海抜402メートル。山麓の畑地が隆起しつづけ、1年9か月の間に新しい山体を形成した。特別天然記念物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕昭和新山(しょうわしんざん)


北海道南部、洞爺(とうや)湖南岸に噴出した溶岩ドーム。有珠(うす)火山の寄生火山。標高398m。特別天然記念物に指定されている。1943年(昭和18)末から長流(おさる)川右岸の畑地が地震とともに隆起して噴火。現在も噴気をあげる。支笏(しこつ)洞爺国立公園に属し、道南観光の一中心。山麓(さんろく)に資料館・植物園・エゾシカ牧場・クマ牧場などがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昭和新山
しょうわしんざん

北海道南西部、洞爺湖(とうやこ)南岸にある火山。有珠(うす)火山の東麓(とうろく)に昭和時代に新生した寄生火山。石英安山岩質である。胆振(いぶり)総合振興局管内の壮瞥(そうべつ)町にあり、支笏(しこつ)洞爺国立公園内で、特別天然記念物に指定されている。有珠山の北側山腹に「明治新山」を生じた1910年(明治43)の噴火から33年間の休止期ののちに、1943年(昭和18)12月末から付近で有感地震が続発し、翌1944年1月から人家に近い平らな麦畑が隆起し始め、「屋根山」と名づけられた丘を生じた。6月末~10月末にはそこで爆発を繰り返し、11月中旬、屋根山中央部にごく粘り強い新溶岩が押し出し始めた。一連の活動は1945年9月に停止したが、標高150メートルだった畑が170メートルも隆起し、その上に突き出た溶岩円頂丘とあわせて、標高398メートルの新山になった。噴気活動はいまも続いている。新火山の生成過程を壮瞥郵便局長であった三松正夫(みまつまさお)(1888―1977)が克明に記録、「三松ダイヤグラム」を作成し、その様相を明らかにしたことは世界的に有名である。付近に火山博物館、植物園などもあり、観光客が多い。なお、玄武岩~安山岩の成層火山である有珠山の頂部にある大有珠、小有珠も石英安山岩の溶岩円頂丘で、有珠火山の噴火の特徴が認められる。[諏訪 彰]
『三松正夫著『昭和新山――その誕生と観察の記録』(1970・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の昭和新山の言及

【有珠山】より

…二重式火山で山頂部に直径1.8km,標高約500mの外輪山をもち,火口原に小有珠,大有珠(741m)の溶岩円頂丘およびオガリ山,有珠新山(653m)の潜在円頂丘のほか銀沼とよばれる小沼がある。また,北麓にはコンピラ山,西丸山,明治新山,東丸山などの潜在円頂丘があり,東麓には昭和新山の溶岩円頂丘がある。有珠山は完新世のはじめ,玄武岩・輝石安山岩の溶岩・火山砕屑物を噴出して成層火山を形成したのち,山頂部が爆発で崩壊して外輪山を生じ,多量の崩壊物が岩屑なだれとなって南麓を覆い,一部は内浦湾(噴火湾)に達した。…

※「昭和新山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

昭和新山の関連キーワードグリーンステイ洞爺湖とうや湖洞爺湖[温泉]虻田〈町〉洞爺〈村〉北海道虻田郡洞爺湖町北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町北海道有珠郡壮瞥町仲洞爺洞爺[村]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昭和新山の関連情報